ハカセのあやしい研究ノート

いつかはかせになるひとへ

歯医者さんがこわくてずっとムダにハミガキしてたぼくの話

歯のクリーニングに行ってきました。

こうゆうのってやっぱ行きたくないですよね。

行った方がいいんだけど行きたくない。

そしてそういうときってだいたい行った方がいいですよね。歯医者に限らず。

そこでちゃんと行けるかどうか、自分の行きたくないって本能に逆らって行けるかどうか、ってすごい大事ですよ。

将来成功できるかどうかの分かれ目(おおげさ)。

 

株の損切りに似てますよね。

損を切らない、見てみないふりをしてるうちは楽。

でも、変な株買ったっていう自分の失敗とちゃんと向き合って損切りしないと損がじわじわ膨らんでいく。恐怖。

 

病気にならない最新技術

なんで今回重い腰上げて行こうと思ったかって言うと、いろいろ重なったんですけど、一番のきっかけは堀江貴文さんの「むだ死にしない技術」を読んだこと。

 

むだ死にしない技術

むだ死にしない技術

 

 

これはいい予防医学の本。

例えば胃がんはほぼピロリ菌が原因で、除去すれば胃がんで死ぬことはほぼないってことが今はもうわかってるとか。

だからそれを知らないで胃がんで死ぬとか情弱の極みだ、みたいな話。

 

それで歯についてもそんな話が書いてあった。

虫歯とか歯周病っていう歯に関する病気はほぼ100%予防できる。

その証拠にフィンランドとか北欧の国では虫歯の治療は保険が効かない。

だって予防できるのにやらなかった本人の怠惰が原因だから。

 

それでその予防はどうするかっていうと、まず歯医者に行くことから始まる。

だってすでにあなたの歯についている虫歯菌や歯石は自分では取れないから。

 

「いや私の歯は綺麗だ。虫歯なんかない」とか思ってるそこのあなた。

それでも一度歯医者行くべき。だってどんなに頑張って歯磨きしても、自分では絶対取りきれない汚れってある。

 

だから最低でも年に1回ぐらいは歯医者に行ってメンテナンスするべきで、歯が痛くなってから行くと治すのにすごい時間とお金と精神力がかかりますよって話。

 

(実際痛い目に遭われた人の話。衝撃)

rocketnews24.com

 

 

歯石とるのって結構痛い

堀江さんの本と上の記事読んですぐ行ってきた。

ネットで予約して、次の日の朝。(わりと暇)

 

今回は歯のクリーニングってことで歯石と着色をとってもらった。

コーヒー好きだからか見えないところが結構汚れてた。

美人の歯科医さんに「タバコ吸わないんですよね?(⌒-⌒; )」って聞かれた。死にたい。

 

歯石とる時は「ちょっと刺激ありますから痛かったら手あげてくださいね(^^)」って言われたんですけど、結構痛い。

ハグキ切れるんじゃないかくらい。他人にシャーペンの芯で歯茎と歯の間を突かれるみたいな。

 

まぁ終わったらすごいスッキリ。

もうフロスもするする通るし。

で、その美人の歯科医さんに言われたのは「フロスに併用して歯間ブラシ使ったほうがいいですよー」ってこと。

 
それでわかったんですけど、普通の歯ブラシだとどんだけ一生懸命磨いても届かない部分ってある。もう物理的に。
 
だから努力どうこうの問題じゃなくてとりあえず歯ブラシ、歯間ブラシ、フロス、マウスウォッシュを使いましょう、ってことである。
 
おすすめはこれ。
小林製薬のやわらか歯間ブラシL字型 奥歯にも使いやすいSS-Mサイズ 16本 ゴムタイプ

小林製薬のやわらか歯間ブラシL字型 奥歯にも使いやすいSS-Mサイズ 16本 ゴムタイプ

 

まずはssサイズから。痛くない。

 

あと、マウスウォッシュはこれで十分。 

コンクールF

コンクールF

 

 

 

レントゲンの罠

歯石とる前に、その美人の歯科医さんに「当院ではレントゲンを撮ることをオススメします☆」って言われた。
「へぇ〜そうなんですね、じゃあお願いします☆」
って言って撮ってもらった。
 
そしたらお会計の半分がレントゲン代っていう。(大体2000円くらい)
 
まぁレントゲン撮ったおかげで、親知らずが埋まってるとか、歯を支えてる骨の状態がわかったりしたんですけど。(クリーニングには関係ないですけど)
 
歯医者さんも客商売なので、客単価あげないとやってけないんだろうな。
 
 
今日の歯医者レポートは以上である。参考になると嬉しい。
(虫歯があったのでまだ通わないといけない)
 
 
(2018/11/9 追記)
試しに銀歯の代わりにオールセラミッククラウンをいれてみた。
白いやつ。
パッと見ほんとにわからない。
先生いわく銀歯より長持ちするらしい。(銀歯は何年かごとに交換しないといけないらしい。しらんけど)
しかし、一か所5万円。税込み。保険きかないから。
これは奥歯までしっかり見えるような笑顔で生きていくしかないな。
 
あと親知らずも抜きました。はじめて。
抜く前マジでびびってた。
周りの親知らず抜いた人に話きいたら、抜くときの音がヤバイだの、2週間位アゴはれただの、うどんとかしか食べられないだの、さんざんあおられたもん。
 
でも実際は一瞬で抜けた。マジ秒で抜けた。
お医者さんに「じゃ始めていきますねー」って言われて、かすかにメリって聞こえて、「(うわーはじまったー)」って思ったら、「おつかれさまでしたー」って言われて終わった。
 
たぶん自分の場合、普通にはえてる親知らずで、しかも上の歯だったから抜きやすかったみたい。
これが埋もれてる歯だったり、形が変だったりするとかなり大変らしい。
 
そんな感じでやっと歯の治療がだいたい終わりました。
大変だった。
ぼくみたいにならないように、みんな定期的に歯医者さんにいってください。
 
あ、結果的にレントゲンはめっちゃ役に立ちました。なんか疑ってほんとスミマセンでした。
これからは人を信じて生きていきたいと思います。