いつか博士になる人へ

あるポスドク研究員の思い出